豚の貯金箱と札束の写真

※本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれる場合があります。

DTMPCいじり

DTMに必要な予算を考えてみる!私なりのおススメの構成をいろいろ紹介【DTMの予算】

2021年10月4日

さて、今回はDTMに必要な予算を考えてみよう、の回です。いや、PCパーツの知識よりなにより一番重要っすよ?(笑)。

まかろんろん
ジイ、あの…その…相談があるのだが、今のPCがちょっとデカ過ぎて部屋を圧迫してるんだが…その…小遣い前借りを…。
デンカ、まだこのPCは使えます。ダメです、お小遣いは家訓で一月1万円以内と決めてあるのですぞ。
じい

DTMに必要な予算…、何をしたいかによって、予算は全然変わってきます。

PCスキルのある方なら中古パーツを活用してPCを安くあげられるでしょうし、

一般の方はBTOで半オーダーPCを注文することが多いでしょうし。

で、DTMに必要な予算ってPCだけじゃないんですよね。

これが本当に沼で、ものすごーく深い沼なのですが、

多分このブログをご覧になっている方はなんとか安く始めたいと思われている方が多いように思うので、その観点でおススメの構成を考えてみました。

もっと安く上げる方法もありますがそれは別記事で取り上げます。その場合、制約もあるので、しっかりとDTMに取り組みたい方には以下の構成がおススメです。

PC

PCスペックも欲を出すと沼が深いのですが、今回はコスパを重視します。

で、録音をする場合はPCからの音をマイクが拾うことを考える必要があり、静音性も重視する必要があります。

静音性を重視するなら Sycom さんから出ている Silent master Neo シリーズがおススメです!私も使ってますよ~。

Silent-Master NEO B550A|ゲーミングPC|BTOパソコン|BTO パソコン(PC)の【@Sycom】(サイコム)

DTM用コスパ重視カスタマイズ>

CPU     :Core i5 11400

マザーボード:一番安いやつ

                      2021925日にカスタマイズ・見積画面で一番安かったのはAsrock H570 Phantom Gaming4

メモリ   :32GB

SSD     :500GBSATA SSD

ビデオカード:オンボードグラフィック(=グラボ無し)

私がカスタマイズで見たときには 140,780 でした。

静音性は気にしないという方であればツクモさんの構成の方が安く上がります。

自作PC・パーツ・周辺機器などの専門店【TSUKUMO】公式通販サイト

DTM用コスパ重視カスタマイズ>

CPU     :Core i5 11400

マザーボード:ツクモオリジナル(B560チップセット)

メモリ   :32GB

SSD    :500GBM.2 Gen3 SSD

ビデオカード:オンボードグラフィック(=グラボ無し)

私がカスタマイズで見たときには 112,300 でした。

DTM用途ではSycomさんの方がおススメです。CPUを冷やすためのクーラーを良いものを使っていたり、冷却性を考えた作りになっているので、後々不満が出づらいと思います。
ツクモさんの構成はDTM用途ではなくコスパ追及タイプなので、安さを求めるならこちらの方が良いでしょう。

DAW

これまた選択肢があまたありますが、私はCUBASEしか使ったことがないので、CUBASEの解説しかできません。

CUBASEにもグレード分けがあって、安く上げるならElementsか、オーディオインターフェイスについてくるAIor LEを使うのが良いでしょう。
歌入れされる方の場合、ピッチ修正機能があると便利ですので、CUBASE ProCUBASE Artistを選ぶと良いと思います。

コスパ重視:0AI or LEの場合) or 13,200Elementsの場合)

ピッチ修正機能付き: 35,200CUBASE Artistの場合)

オーディオインターフェイス

Zoom UAC-2 22,7002021925日 Soundhouse価格)

CUBASE LE付きなので、DAW代が浮きます!

入力用鍵盤

これはデスクサイズとの相談になりますし腕前にもよるので、

おススメの製品というのは書きづらいですね。

5000円~20000程度としておきましょう。

入力用鍵盤は別記事で選び方を解説しようと思います。

音源

CUBASE AIor LE)に入っている音源は本当に最小限なので、

本格的にDTMを楽しむなら別に音源を買う必要があります。

おススメはNative InstrumentsKompleteシリーズです。これにバンドルされているKontaktは必須ソフトといえるでしょう。

7万円程度とかなり高価なのですが、使いきれないほどたくさんの音源が入っていますので、

めちゃくちゃお買い得です!!

しかも、セールで最大半額になることもあります!

Kompleteはオケ系音源が充実していないのでさらに買い足すのであれば、

EastWest の Symphonic Orchestra Gold Edition がおススメです。

クリプトン | EW/QL SYMPHONIC ORCHESTRA GOLD EDITION(音楽ソフトウエア)
私はほかにもオケ音源を持っていますが、これはいまだに使っています。

使い勝手もよく、本当に使える音源です。

国内代理店のHigh Resolutionさんで購入すると36,343です(2021925日現在)。


いかがだったでしょうか?

私のおススメ構成で予算を組むと、

PC ➡ 14万円

DAW ➡ 0

オーディオインターフェイス ➡  23千円

鍵盤  ➡ 5千~2万円

音源 ➡ 7万円(+36千円)

大体、21万円~30万円くらいですね。

結構二の足を踏む価格だと思います。

もちろん、PCを中古にしたり、フリーの音源を使うことで初期費用をもっと抑えることはできます。

そういった節約術は別の記事で解説しますが、

作れる曲のレベルが上がると必ず良い音源が欲しくなるので、

音源の費用は沼だと思っていただたいた方が良いでしょう(笑)。

まかろんろん
やはりKompleteを避けては通れないかと!

-DTMPCいじり
-,