「注意事項」の写真

※本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれる場合があります。

DTMPCいじり

「DTM用PC節約術」実践する際の注意点はこちら!【DTM用PC】

2021年11月9日

さて、↓の記事でDTMPCの節約術としてマザーボードとCPUだけを交換することを解説しましたが、今回は注意点を解説しようと思います。

 

まかろんろん
ん?なんだ?マザボとメモリの切り欠きが合わんぞ。バキッ!! アーッ!!
デンカはメモリの規格を間違えてしまったようですね…。南無…。
じい

 

CPUとマザーボードだけを買い替えるときの注意

BTO PCを買って、そのあとは使いまわせるパーツを残して必要なパーツのみを買うと組み立ても楽ですし、かなり節約できます。

これはかなりおススメの方法なのですが、注意点があります

それは使いまわせるパーツがどれかを確認する必要がある…ということです。

CPUとマザーボード

intelの場合、CPUとマザーボードはセットで買い替えと思っていただいて良いと思います。

DTMで不満が出るとすれば数年経ってからが多いと思うので、基本的には両方買い替える必要が生じます。

メモリ

メモリに関しては使いまわせる可能性もあります。

私は使いまわしました。

例えば、現在デスクトップ用DDR4のメモリを使っていて、変えるマザーボードとCPUがデスクトップ用DDR4メモリを採用していれば使いまわせます。

メモリの速度(2133とか3200とか)はDTMの場合、それほど気にする必要は無いようです。試したことがありますが、レイテンシーには影響しませんでしたし、CPU使用率にも変化が感じられませんでした。

私はCore i9 11900Fに速度2133のメモリを使っていますが、全く不自由を感じていません。

ただし、オーディオトラックの書き出しのスピードは変わってくるかもしれません。

注意ポイント

注意する必要があるのはDDR3メモリのPCを使っていて、DDR4メモリのマザーボード&CPUに買い替えるように、規格そのものが変わってしまう場合は、メモリは使いまわせません。

じい
2021年11月現在の主流はDDR4ですが、今後DDR5も出るそうなので、そうなるとメモリの使いまわしはできなくなりますね・・・

 

メモリの規格はわかりづらいので、↓の記事で解説しています。

 

電源

基本的には使いまわせます。ただし、CPUを高性能なものにした場合(例えばintelのK無しCPUからK付CPUに換えた場合)消費電力が増える可能性があります。

許容量を超えてしまうと使いまわせませんので、消費電力が足りるグレードのCPUにするか、買い替える必要が生じます。

電源の交換は配線の処理が大変なので、BTO PCで注文するとき、少し大きな容量のものを選んでおくと良いと思います。

PCケース

 

使いまわしましょう!

今ついているマザーボードのサイズを測って、規格を確認しましょう。

244mm×305mm … ATX規格のマザーボード

244mm×244mm … MicroATX規格のマザーボード

170mm×170mm … Mini-ITX規格のマザーボード

サイズ規格だけあっていればマザーボードは搭載できます。

 

グラフィックボード

 

使いまわしましょう!CPUとマザーボードを変更しても使えます。

SSDやHDD

 

使いまわしましょう!買い替えても使えます。

ただし、繋げる数はマザーボードによって違いますので、

必要な数つなげるかを確認しておくと良いです。

CPUクーラー

使いまわせる場合が多いですが、事前に確認した方が良いです。

intelは第12世代でCPUが長方形になるので、そうなると使いまわせないかもしれません。

私はintel第6世代で使っていたものをintel第11世代CPUに使いまわしました。

OS(Windows)

リテール版といって単体販売されているものであれば新しいマザーボード・CPUで

組みなおしたものにライセンスを移行できますが、

メーカーPCやBTO PCに入っているOEMライセンスの場合、ライセンスを移行できません。

買い替える必要があります。

Windowsの買い替え

BTO PCで買う場合で、もしOEMライセンスではなく、単体のWindows(リテール版)を選べるのであればリテール版を選んだ方が良いです。

理由はCPUとマザーボードを交換したときにもライセンスを移行できるからですね。

BTO PCを買う場合で、OEMライセンスしか選べない場合、Windowsは別に買った方が将来お得になる可能性が高いと思います。

Windowsのインストールは思っているよりも簡単な作業なので、リテール版を買って自分でインストールするのはおススメですよ。

次回はなるべく手間がかからないWindowsのインストール方法を解説しようと思います!

-DTMPCいじり
-,