悩む人形の写真

※本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれる場合があります。

DTMPCいじり

わかりづらすぎるメモリの規格・・・intel編、DDR3以降のメモリの選び方!【DTM用メモリ】

2021年10月16日

さて、今回はメモリの規格のお話です。増設したいときに迷うやつですね。

 

 

まかろんろん
DDR3とかDDR4とか2133とか3200とか…ワケワカラン…
う~む、これは難しいですのう…
じい

 

DTMあるあるとして、メモリが足らなくなる問題があると思います。

始めたころは16GBで足りてたけど、オケ音源とか使いだすと足らなくなってCUBASEがハーングアーーップ…とか。

メモリを増設したいな~と思ったときに壁が立ちはだかるのが、

どのメモリを買ったらよいかわからん…という問題ですよね。

これはメモリも進化していて、

CPUやマザーボードの世代によって使えるメモリが変わってきているからなんですね。

ということで、今回はメモリの選び方(intel編、DDR3以降)を教えます!

 

メモリの確認の仕方

まず、メモリですが、その前についているCPUを確認しましょう。

タスクマネージャーを開いてCPUの型番を調べたら、

その型番でgoogle検索してみてください。

intelのホームページが出てくると思いますが、

そこに使えるメモリの種類が書かれています。

DDR4 2600 1.2v 

DDR3 1300 1.35v

こういった記載があると思います。

サポートされているメモリの規格なので、

これで検索をひっかければ使えるメモリが出てきます。

DDR4の場合は電圧は気にしなくて大丈夫です。

DDR3の場合は低電圧のものがあるようなので、

対応電圧も確認した方がよいでしょう。

メモリはまれに相性問題が発生することがあるようです。

私はメモリ相性問題が出たことはありませんが、

心配な方はBIOSに入ってマザーボードの製品名を調べて検索してみてください。

マザボのホームページには大抵、

メーカーさんにて動作を確認したメモリが書かれています。

それらを買えば安心です。

 

メモリの見分け方

あと、メモリにはデスクトップ用、ノート用、サーバー用があります。

デスクトップ用とノート用は見た目が全然違います。

デスクトップ用は横に長く、ノート用の方が短いです。

★デスクトップ用↓

picture of memory

★ノート用↓
picture of memory

気を付ける必要があるのはサーバー用です。
型番にRと入っていたり、レジスターとかレジスタードとか書かれていたります。
デスクトップ用メモリと見た目では区別がつかないのですが、
これらはサーバー専用のものでデスクトップPCには使えません。
デスクトップ用PCを買う際には商品説明を良く読んで、間違えて買わないようにしましょう!

具体的な調べ方は、価格.com楽天市場amazon等大手通販サイトで「DDR4 3200」と検索して

次に写真から形を見て、デスクトップ用かノート用かを判断、

デスクトップ用の場合はサーバー用でないことを確認してぽちっとな、と。

(古いPCに使われているDDR3の場合は電圧も確認してください。)

次回はメモリの増設(設置)の解説をしようかと思います!

-DTMPCいじり
-,