ギターの写真

楽器

コスパと性能が素晴らしいエレキギター 「Ibanez RG721」の紹介!【楽器】

2021年11月25日

DTMerの中にはギターを弾ける方は結構多く、

DTMを始めてからギターを弾き始める方もおられますよね。

以前、激安楽器の記事を書きましたが、激安楽器は初心者向きではなく、弾ける方が遊ぶために向いていると書きました。

で、初心者の方も、DTMerの方にも、

ライブでの実戦派の方にもおススメなエレキギターを紹介します!

Ibanez「Premiumシリーズ」を買うべし!

私はDTMにはIbanezのギターとベースを愛用しています。

Ibanezのある程度の価格帯のギターはネックが薄かったりして

とても弾きやすく作られています。

Ibanezのギターはランクがあるのですが、

私が一番おススメのランクは

Premiumシリーズ」です。


もう一つ上位のPrestigeシリーズは確かに高級感があったり、

国産だったりというブランド力がありますが、

単に楽器、ツールとしてみたときにPremiumシリーズは決して見劣りしません。

Premiumシリーズはフレットの処理がハンドメイドで丸められていたり、

むしろ、Premiumシリーズの方が優れているところもあります。

Premiumシリーズ「RG721」の良いところ・悪いところ

そのPremiumシリーズで私はRG721を使っています。

picture of ibanez-rg721

ココがおすすめ

RG721の良いところ

・めちゃくちゃ弾きやすい
・アームレスなのでチューニングが容易で安定する
・かなり軽いのにサスティンが短くない
・軽いのにヘッド落ちしない
・弦高をかなり詰められる(下げられる)
・フレットの処理がすばらしく弾いていてストレスが無い
・24フレットまでストレスフリー
・コスパ最強

ココがダメ

RG721の悪いところ

・アームを使ったプレイができない

・国産ではないのでブランド力的には一歩劣る

RG721の特に推せるポイント!

このRG721はものすごくゴツイ固定式ブリッジがついているためか、

ボディが軽いのにサステインが短くないんです。

軽いギターはサステインが短くなる傾向がありますが、

このギターはそんなことがなく、しかも軽いのでステージでも楽です。

DTMで使う場合も疲れにくいです。

また、弦高をかなり低くできるのでめっちゃ弾きやすいです。

弦高が低くなると運指に無駄な力みもなくなり、プレイが安定します。

とにかく弾きやすさは一度使えばわかります。

ぜひ、楽器屋さんで試奏してみてください!

今だけ初月無料!ギターレンタルの【スターペグミュージック】


このギターのデメリットはアームプレイができないことですが、

アームが無いことでチューニングのストレスがありませんので、

私にとってはデメリットにはならなかったです。

むしろチューニングが安定しやすいというメリットのほうが勝ります。

特にロック式のアームのチューニングの煩わしさときたら・・・(苦笑)。

アームを使わない方には非常に良いギターですよ。

これで実売価格89万円って安すぎです…。

RG721は中古相場だと4万円程度なので、状態が良ければ良い選択だと思います。

ただ、エレキギターはステージ楽器でもあり、見た目も重要なので、

最後は見た目で判断して買って良いと思います。

やっぱり好きなギターが一番テンション上がりますし、

練習も楽しめますからね!

-楽器
-,