※本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれる場合があります。

DTMPCいじり

PCの分解は怖い?どうすれば分解できるようになる??PCいじりの極意!

PCって精密機器なので、
PCいじり初心者はいじることで壊してしまうのが怖いと思います。

メモリに静電気を流して壊してしまうこともありますので、
静電気には注意を払う必要はありますが、
実際にはそれほど気を遣わずにいじれます。

しかし、PCいじりをしたことが無い方が、
大切なMy PCを開けるのは勇気がいることだと思います。

そこで、どうやったらPCの分解をできるようになるかを解説します。
PCいじりが怖いな~と思っておられる方も、
この方法なら、いつの間にかパーツの交換まで
出来るようになっちゃうと思いますよ。

じい
デンカ、暗がりで何をコソコソされているのですか? もしや、またガラクタを買ってきたのでは…。
ギクゥッ!?
まかろんろん

1.PCいじりを始めたいけど、何が必要?

PCいじりを始めるにあたって
最低限用意しなければいけないものがありまして、
それは工具です。

工具といっても、専門的なものではなくて、
100円均一で買えるドライバーだけでOKです。

+の#2か#1サイズと、精密ドライバーがあればとりあえずはOKです。
詳しくは以下の記事で紹介していますので、
参考にしていただけると嬉しいです。

こちらもCHECK

DTMPCいじりに必要な工具!初心者は何を買えばよい??

今日は大好きなPCいじりのネタです! PCいじりをするのにどんな工具を買えば良いのか、 初心者にはわからないですよね? ということで、私自身が使っている工具を紹介します。 激セコなのでできる限り安く済 ...

続きを見る

これだけあればとりあえずはOKです。
さぁ、PCを開けましょう!

って、そんなことできるかいー、とツッコミを受けそうですね。
そのとおりです。

ということで、いじるためのPCを見つけにいきましょう。

2.PCいじりの極意…それは…!!

そうです、PCいじりを安全に始めるには、
いじり用のテストPCを買ってくれば良いのです。
これならば壊してしまっても問題ありません。

テスト用PCですが、フリマアプリや、
近所のハードオフでできるだけ安いものを買ってくればOKです。

このとき、性能はともかく、
動作が確認されているものを買ってください。
そうしないと、自分が原因で壊したかどうかがわかりませんからね。

どんなPCが良いかですが、
デスクトップPCで、スリムケースではないものが良いです。

スリムケースっていうのは、事務オフィスなんかでよく見る
縦に細長いデスクトップPCですね。
あれは、小さい筐体に詰め込んでいるので、分解しづらいんです。

我が家にもミニタワー型がありますが、分解が面倒でした。
↓の記事で苦戦している様子が見れます。

こちらもCHECK

CPUクーラー交換の写真
mouse computerのBTOデスクトップPCを開けて・・・レッツCPUクーラー交換!

  今日は動画編集用のデスクトップPCを改造していきますよ~! 更なる静音化を目指してレッツCPUクーラー交換!! ちなみに今回いじるPCはケースの都合上、マザーボードを取り外す必要があり、 ...

続きを見る

大き目のタワー型のPCが分解しやすく、おススメです。
↓こんなかんじのやつです。

で、分解用のPCを用意したら、パネルを開いてみてください。
ネジがあるかを見て、ネジがあれば外してみてください。

↓のように、ドライバーがなくても外せるタイプもあります。
真ん中にネジが見える黒いギザギザの突起物がネジになっていて、
指で回せば開きます。

開かないときは、内部で爪が引っかかっているのですが、
最悪壊してしまっても構わないので
いろんな方向に動かしてみて開けてください。
開けるのにある程度力が要るタイプもあります。

なお、PCはケースが無くても問題なく動きますし、
壊しても、養生テープで留めておけば外れません。
テスト用PCなのですから、勢いよくいってしまいましょう。

開ける際に壊してしまったら、構造を良く観察して、
壊さないようにするにはどう開ければ良かったかを確認します。

で、一旦、ここまでにして、元に戻してみてください。

次に分解する際には、もう一歩進んでみてください。

メモリの外し方を確認してメモリを外してみるとか、
ハードディスクを外してみるとか。

で、元に戻してみて、動くかどうかを確認してみてください。
無事に動けば、そこまでの手順は習得できています。

これを繰り返していくと、自然と作業スピードや正確性も上がります。

コツは一気に進めようとせず、手前から順にやっていく感じです。
RPGのレベル上げみたいなものですね。

街の近くでレベル上げをしたら、
次は少し離れたところまで遠征してみるっていうあの感じです。

これがPCいじりの極意です。
最初の一歩が重たいというところや、
少しずつレベルアップしていくところは
楽器の練習やDTMにも通じるものがあると思います。

分解ができるようになったら、パーツを交換したり、
増設したりしたくなると思いますが、
そうすると、規格の勉強が必要になります。

このあたりは、このブログでも解説していますので、
よろしければ過去記事を参考にしてみてくださいね!

こちらもCHECK

マザーボードの写真
【初心者向け】CPUの記号や数字の意味って?DTM用CPU選びの基礎【DTM用CPU】

ここではDTM用にはどんなPCが良いの?  CPUに記載された記号や数字の意味って?などの解説をしていきます。 じいさて、今回はDTM用CPU選びの基礎編です。   どんなPCが良いの? & ...

続きを見る

こちらもCHECK

悩む人形の写真
わかりづらすぎるメモリの規格・・・intel編、DDR3以降のメモリの選び方!【DTM用メモリ】

さて、今回はメモリの規格のお話です。増設したいときに迷うやつですね。   メモリの容量についてのおはなしはこちら!   まかろんろんDDR3とかDDR4とか2133とか3200とか ...

続きを見る

こちらもCHECK

ヒートシンクの画像
SSDに高級ヒートシンク「ROCKET NVMe HEATSINK」をつけてみる!【DTM用ストレージ】

まかろんろん前回の記事で書きましたとおり、DTM用途なら簡易的なヒートシンクで十分だったわけですが、いじりたくなるんですよ。     こちらもCHECK   ということで、散財しま ...

続きを見る

まかろんろん
ということで、皆さんも楽しいPCいじり沼へレッツゴー!

-DTMPCいじり
-, ,